勘定科目の決め方ガイド~基本編『決算書にはこう表示される!』


みなさんこんにちは、事務屋ひばさんです(`・ω・´)

前回は、「勘定科目とは・・!?」という内容で、「勘定科目とは取引の種類のことです!」という内容でお送りしましたが、イメージがわいたでしょうか??

今回は、その勘定科目について、決算書上での属性などについて考えてみたいと思います。

「えーっ、そんなのいいじゃん!めんどくさーっ!」

と思われるかもしれませんが、それぞれの属性がわかることで、今後「これってなんて科目にすればいいんだろう??」と迷った時にも、致命的な間違いなどを回避したり、自分で判断をすることができる様になるかと思います(*’ω’*)

ぜひぜひ参考になさってみてください(‘ω’)ノ

1.決算書ってなぁに~??

事業をしていますと、避けて通れないのが決算です。

決算とは、個人事業主さんであれば、その年の1月1日から12月31日まで。法人であれば、任意の決算日を決めて、1年間の損益や、資産状況などをまとめる作業です(`・ω・´)

その結果、出来上がる書類が「決算書」と呼ばれるものになります。

個人事業主さんの場合は、「収支報告書」等の名称で、それほどページ数もないのですが(たくさんの事業を抱えている場合は別です(;´・ω・))、法人の場合は決算書もページ数が多くなります。

会計ソフトを使っていれば、ボタン一つで印刷ができてしまいますが、決算書は、大きく分けて

①貸借対照表

②損益計算書

③株主資本等変動計算書

④個別注記表

の4つの書類からなります。チェックしておきたいのは、①の貸借対照表、②の損益計算書の二つです。

2.貸借対照表は、決算日における資産・負債状況が書いてある!

貸借対照表は、決算日における資産と負債の残高が記されています。

決算日とは、個人事業主さんであれば12月31日となりますが、法人であれば、任意の日にちが決められます。日本の企業は、約4割が3月決算なのだそう・・♪3月決算ということは、3月31日が決算日ということになります。モチロン、月末でなくても「うちは4月20日だよ」とかいう場合もあります(*’ω’*)。いずれにせよ、1年間を区切って決算しますので、4月20日の決算の場合は「前年の4月21日から今年の4月20日」分を集計して決算することになります。

さてさて、それでは「資産、負債」ってなに~??

という事になりますが、おそらく聞けば「なるほど!」な感じのモノです(`・ω・´)

例示しますと、

現金、普通預金、当座預金、定期預金、売掛金、受取手形、仮払金、貸付金、建物、建物付属設備、構築物、備品消耗品、車両運搬具・・などなど、

「持っていて、うれしい!これって資産ね!」

という気持ちになるものが資産です。(←教科書には載せられない説明・・(;´・ω・))

逆に・・

買掛金、未払金、短期借入金、長期借入金、預り金・・等々、

「いつか・・そのうち払わなきゃ!負債を抱えるってこういうことか・・!」

という・・ちょっと暗い気持ちになるのが負債です。

今ココで例示した「現金」とか「買掛金」とか、これらがすべて「勘定科目」になります(*’ω’*)

この他、「資本金」と言って、会社を興す際の「もとで」となるものも貸借対照表に記載されます。が、この資本金は「資産」にも「負債」にも分類されず、独立した括りになります。

この貸借対照表、その特徴として・・

資産の合計額 = 負債の合計額 + 資本の合計額

となります。

「あれ?なんか合計額、イコールにならないんだけど?」

という時は、残念ながらどこかが間違ってるという事ですね(;´・ω・)

3.損益計算書は、1年間の成績が書いてある!

貸借対照表は、決算日の全財産の(負の財産も含め・・)残高が書き込まれていました。これに対して、損益計算書の方はといえば・・

1年間の成績が書いてあります(*’ω’*)!

成績って・・!?

と思われるかもしれませんが、そのまんま

「1年間の売上は 3千万でした!」とか

「1年間の仕入は 1千万でした!」とか

「1年間の人件費は 9百万でした!」とか

「1年間の家賃は 3百万でした!」とか

1年間に発生した金額が集計されます(*’ω’*)

すると、1年間の売上から、かかった経費などを引いて、

「1年間の利益は4百万です!」

という成績が記されます(`・ω・´)

これらの成績を記すために必要な勘定科目は、

売上、仕入れ、役員報酬、給与手当、法定福利費、福利厚生費、消耗品費、地代家賃、賃借料、保険料、租税公課、減価償却費・・などなどといったものになります。

これらの勘定科目は、法律などによって「これは、この様に呼ぶように!!」などと言った決まりはありません。

が、

「ティッシュ買ったから・・ティッシュ費!」とか

「食器用洗剤買ったから・・洗剤費!」とか

「台拭き買ったから・・台拭き費!」とかいうことにはなりません(/ω\)

これらはまとめて、「消耗品費」などという勘定科目を使います。

モノの固有名詞は無数にありますので、なんとなく種類別に分ける感じで行きます(*’ω’*)この「種類」が勘定科目になりますよ♪

「えっ、『消耗品費』なんて思いつかないよ!」

という方(*’ω’*!

会計ソフトなどを眺めると、一般的によく使われる勘定科目は、最初から設定されております!ですので、

「なにかな~(;´・ω・)?」

と考え始める前に一度、どんな科目がソフトに設定されているのか、チェックしてみると分かり易いかもしれないですね!

また、「決算書」などと検索してみますと、いろいろとフォームやサンプルが出てきます。実際に見てみると、イメージがつかみやすいかもしれません(`・ω・´)!

 

4.まとめ

今日は、具体的な勘定科目の内容に入る前に、決算書の構成やら「勘定科目の属性」について、ちょっとだけ触れてみました(*’ω’*)

勘定科目をただただ暗記するだけではなく、決算書の「どの辺に載るのかな~。損益の科目かな~。資産の科目かな~。」などと意識しながら考えると、間違えずに勘定科目を選ぶことができます♪

それでは、次回は実際にいろんな勘定科目を見ていきたいと思います!

***

「勘定科目ってなんだっけ・・」と思ってしまった方はコチラをどうぞ♪

勘定科目の決め方ガイド~基本編『勘定科目ってなぁに?』

続きです↓

『勘定科目の決め方ガイド~基本編『売上科目』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です