MENU

延滞税等のお知らせが届きました・・!

みなさんこんにちは、事務屋ひばさんです(`・ω・´)

みなさんはキッチリ税金支払っていますか!?ひばさんは、時には延滞もありますよ!・・いえ、そんな大きな声では言えませんけどね・・(→参照「消費税って、分割納付できませんか。」)

世の中には・・どうにもできないことが、存在するわけでありまして・・

今回の事例は、中間納付の消費税等について、税務署に相談の上、4分割での納付をお願いしました。4か月にわたって、一定額を納める様にしたのですが、先日なんとか3分割にて繰上げ納付が終了したのです(`・ω・´)

そして、このほど「延滞税等のお知らせ」が届きました。

今回は、延滞したその後についてお知らせします(`・ω・´)

あまり参考にならないかもしれませんが、「延滞したらどうなるの~・・?ドキドキ」と思ってる方はどうぞご参照ください・・(;´・ω・)

目次

延滞税が付きましたよ。

税金を納めない場合にやってくる、不穏な税金には「加算税」と呼ばれるものと、「延滞税」、「利子税」などというものがあります。

このうち、「利子税」については、届出などによって延納が認められたもので、年率いくらかで利息がかかります。

今回、ひばさんも税務署に相談に行き、「じゃぁ、分割で良いですよ!」といって貰いましたが、これは延納が認められたわけでは無いのです。

ややこしいですね!

あくまで、納付の期限は期限。分割で納付することには応じてもらいましたが、延納ではありません!法的に認められた分割ではない、ということです。

ですので、利子税ではなくって、延滞です。(例えば、所得税ですと、『期限内に税金の半分を納めて、残りを5月末までに納められる人は、2分割でも良いですよ♪』という制度があるのですが、この制度を使って分割する場合は『利子税』がかかります。)

利子税・・合法。 延滞・・アウト。

今回は、期限後に4分割した税金を納める予定でしたが、なんとか資金の目途がついて、3分割で納め終わりました(*’ω’*)!

延滞税の額は、本税の額や、延滞の期間によって違ってきますが、今回は4,000円ですみました。よかった!

延滞税の税率などは、国税庁のHPにも載っていますが・・「延滞税について/国税庁』、自動計算してくれるページもあります(*’ω’*)『延滞税の計算方法/国税庁

いくらになるか、ちょっと調べたいわ~・・(;´・ω・)

という方は、どうぞ利用してみてくださいね。

延滞税って、いつ払うの??

前回、ひばさんが消費税の分割をしてもらった際は、最後の分割分を納める際に、延滞税の額を直接税務署に問い合わせる様にといわれました。

つまり、「明日、分割最後の税金を納めたいんですけど、延滞税っていくらかかりますかね?」

と聞くわけです。

すると、税務署で調べてくれて「5,200円です。」などと教えて貰えます。

ですので、最後に使う納付書に、本税の税額を書き入れ、さらに「延滞税」という欄に「5,200円」と書き込み、合計額を銀行で納める按配です。

今回はですね、「最後の税金はそのまま納めちゃってください!」「延滞税は、後日コールセンターから延滞税の納付書が送付されるので、それで納めてください!」といわれました。

おぉ!それはお手軽(*’ω’*)!税務署に聞かなくてもいいんだ!

ということで、最後の税金を納めて待っておりましたところ、1週間程度で「延滞税等のお知らせ」というお手紙とともに、納付書が送られてきました(*’ω’*)

しかも、金額が小っちゃいので・・・

小っちゃいので・・!

コンビニで納められる(`・ω・´)!!

『速やかに納付をお願いします。』

とありましたので、速やかにコンビニ納付を行ってきました(*’ω’*)

これで、分割納付についての納税は一切が完了です!!

最後の納付と併せて延滞税を払うパターン、後で納付書が送付されるパターンなど、同じ税務署でも違う場合があるということですね!

おまけ、延滞税は税務上損金になりませぬ。

ここから先は、ご自身で確定申告書を作成してらっしゃる方へ。

以前、『罰金は経費になりますか?』でも書きましたが、延滞税は損金になりません。

上述しました、利子税については合法ですので、損金算入OKですが、延滞税はNGでございます・・!

また、「加算税」についてもこれはペナルティですので、損金不算入です!

申告書は税理士さんに頼んでらっしゃる方は、「延滞税、入ってまーす♪」

参考 『消費税って、分割納付できませんか?

この記事は・・お役に立ちましたか??

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次