なんで棚卸なんかするの??面倒でも知っておきたい棚卸の基礎知識


みなさんこんにちは、事務屋ひばさんです(`・ω・´)

今年もあとわずか・・!ということで、12月決算のひばさんのお勤め先では、ボチボチと棚卸の予定などを立てはじめましたよ(*’ω’*)

みなさんのところでは、棚卸やっていますか?

業種によっては、「何ソレ?美味しいの?」という方から「毎月やってますよ(‘ω’)ノ」という方までいらっしゃいそうですね(`・ω・´)

今回は、そんな棚卸についてザックリ基礎を確認してみます(^^♪

棚卸ってなぁに?

「棚卸」と聞くと、

「あぁ!ひたすら商品数えるやつだ!」

というイメージが強いかと思われますが、いかがでしょうか。

ひばさんもかつて、某ホームセンターの棚卸バイトをやったことがありますが、ひたすら商品の数をカウントし、個数を表に書き込んで、数えて・・書き込んで・・数えて・・書き込んで・・

という作業をした記憶がございます。

無心になって数えて、書いて、という作業・・嫌いではありません(‘ω’)ノ

イヤ、むしろ好きかも・・来年もあったらやろう!と思った大学生時代。しかし次に募集されることはありませんでした・・。もうあんなに無心に数えたり、書いたりして時を過ごすことはないのか・・ちょっと寂しい(´・ω・`)

それはそうと、棚卸は、決算日に商品や製品、仕掛品などの資産がどれだけ残っているか調査する作業ですね(`・ω・´)

期中、一度は「仕入」として処理をした商品や、「材料」や「現場の給料」などとして処理をしていた「仕掛品」。また、大量に購入したけれども、おそらく1年以上は持ちそうな大量の消耗品などなど・・

こういったものを、日を決めて数を拾っていきます。

それでは、なんでこんな面倒臭いことをするのでしょうか・・!(←でも好き)

棚卸は、原価を正しく把握するため

分かり易く、「単純に商品を仕入れて、そのまま売る場合」を考えます(*’ω’*)

1,000円で仕入れて、1,800円で売る場合、仕入れた商品がちゃんと売れれば800円の利益が出ますね!原価とは、仕入にかかった経費です。ここでは単純に、仕入れた金額がイコール原価だと思って下さい。

この時、残念なことに、仕入れた1,000円の商品が売れ残ってしまったとします。これが在庫となり、棚卸で数えなければならないモノです。

もし、この在庫を棚卸資産として調べないでしまったとすると・・

売上はまだ立っていないので、ゼロ。それなのに、仕入れは1,000円が計上になっている状態です・・!つまり、この時点で1,000円のマイナスです(;_;)

一方で、棚卸をした場合を考えますと、

→ 商品 / 仕入(期末商品棚卸高)  1,000円

という仕訳がたちます。

これは、一度「仕入」として経費に計上した内、まだ在庫となっている分を「商品」という資産の科目に振り替える仕訳になります。

この仕訳を入れることにより、在庫となっている商品分を、「仕入」から除くことができます。

すると、この決算時には、経費1,000円が計上されることなく、差し引きの利益はこの時点(商品が売れておらず、在庫がまだある)でゼロということになります。まだ売れていないので、利益も確定していない・・という状態ですね(`・ω・´)

棚卸の仕訳ってどうなるの?

棚卸を、毎月行う場合もあります。毎月行うことによって、上の様な数字のズレなどをなくし、より精度の高い試算表を作ることができます。

が・・

実際、かない面倒くさいですね(;´・ω・)

ようやく数字が出そろったころには、棚卸の数も試算表の数字も、すでに過去のもの・・なんて。

毎月は難しくても、「まずは決算から!」です(*’ω’*)

この場合、普段の仕入は

→ 仕入 / 買掛金(現金や普通預金、手形なども)

となり、損益計算書上には「仕入」が。貸借対照表上では負債(買掛金など)が増えたり、現預金が減ったりします。

この後、決算を迎えます。

前期から引き続き商売をしている場合は、前期からの在庫も考えます。

前期からの在庫、売れたかもしれないし・・売れ残っているかもしれないし。。売れても売れなくても、一度「仕入」に計上します。

→ 仕入(期首商品棚卸高) / 商品

これで、前期からある商品について、仕入(原価)に計上されました。さらに、貸借対照表上の商品はゼロです。

それでは、今期に残ってしまった在庫を振り分けましょう。

→ 商品 / 仕入(期末商品棚卸高)

この仕訳で、在庫分の金額を「仕入から控除」することができました。また、貸借対照表では、今期の在庫分が「商品」勘定に残っています。

 

棚卸の事をイロイロを調べていくと、「三分法」とか、「平均法」とかの専門用語が出てきますが、基本的な流れを理解するために、一番単純なパターンで解説しています。

ここで流れが理解できたら、「それじゃぁ、自分のところはどうなんだろう??」と進んで調べてみてくださいね(`・ω・´)

棚卸って、どんな効果があるの?税務署は見るの??

棚卸によって、利益が正しくでるよというお話を先にしましたが、イメージが涌きましたか?

在庫が多く計上されると、仕入の額が少なくなって・・利益が多く出ます。すると、税金が多く計算されます。

そう、在庫の量によって、税金が変わってくるのです(/ω\)!

基本的に、税務署では「税金が正しく計算されているか(少なく納税していないか)」を見ると思いますので、モチロン棚卸についてもチェックされます。

税務調査自体は、他にもたくさんチェックする事がありますので、「必ず在庫を見られる!」という訳ではありません。ですが、チェックされる可能性が高い項目ですので、いつみられても良い様に、棚卸をしておきましょう~(^^♪

*実際に棚卸で「ハテナ?」となった際は、最寄りの税務署や、お近くの会計事務所さんでご相談いただくことをおススメします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です