消費税計算に注意!軽油を入れた時の会計処理


みなさんこんにちは、事務屋ひばさんです(`・ω・´)

気になることがでてきました。

先日、ガソリンの請求書が会社に来たのですが、どうやら・・軽油を入れているのです。

会社所有の車両ごとに、給油のカードというのがあるのです。

給油をするたびにガソリンスタンドでカードをだしますと、1か月分の給油代が請求書となって会社に飛んでくる手筈です。

で、明細を見ますと

「11月 〇日 レギュラー  20.70リッター 単価108円 ご請求額・・」

などと書かれているわけでありますが、

中に

「軽油 44リッター」

などと書かれています。

え・・いいんですか?軽油入れて・・?

リッター数が違うので、別の車両の給油にカードを使ったのかしら??

とも思ったのですが、そもそも、ディーゼルのクルマ持ってないですもん。

なんかイロイロハテナマークが出ましたけど・・

不幸にも車が壊れた際には、またご報告いたします・・(;_;)

今日のテーマは、軽油の消費税です(*’ω’*)←いきなり

1.軽油には軽油税

正式な(?)名称を軽油引取税と呼びますが、なんと軽油には「軽油税」なるものがかかります。

リッターあたり、32.1円の軽油税がかかっているのですが、経理的に気になるのは消費税の処理です。

「あ、ガソリンの請求書ですね~(*’ω’*)。ふむふむ、今月は22,050円ですか!やればできるじゃないですか!」←なにが

といって、ガソリン代を会計ソフトに入力しますね。

来月末の支払いなどですと、

旅費交通費 / 未払金 22,050円  当月ガソリン給油代

などと入力になるでしょうか。

ところが、ここに軽油代が含まれている場合、消費税の額を注意しなければなりません(*’ω’*)

なぜならば、軽油税には消費税がかからないからです(‘ω’)ノ

2.軽油引取税を分解すると・・

知らなければ良かった・・

知らなければ、そのまま消費税も仕入税額控除できたのに・・という方には申し訳ありません・・。でも、知ってしまった以上は、正しく処理しなければ・・なりません(‘ω’)ノ

軽油を購入しますと、

軽油本体の金額 + 石油税 + 軽油取引税 + 消費税

の合計額が請求されます。

このうち、軽油本体と、石油税には消費税がかかりますが、軽油引取税には消費税がかからないのでありました。

「だって税金だもの、改めて消費税なんてかからないよ!」

というと、

「あ、なるほど~!」

と言いやすいですが、あろうことか石油税には消費税がかかります。とはいえ、石油税は請求書には載ってこないので、アウトオブ眼中でOKです。

ですので、軽油が出てきた際の仕訳は、

旅費交通費 / 未払金  〇△✕円  ガソリン、軽油代 (←本体価格と消費税額)

租税公課 / 未払金 ◇〇✕円 軽油税

と、仕訳を分けて入力します。

ひばさんの会社では、ほんのちょっとの給油でしたので、金額的にもほとんど影響はないのですが(このあと、車両が黒煙を吹けば別です)、軽油税にも気を付けて処理していきましょう~(‘ω’)ノ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です