寄付金に下心が有ってもいいじゃないか・・。


「寄付金控除を受けるため(税金を還付してもらうため)に寄付するのってどうなの??」

という意見を見たりすることもあったのですが、今年も無事寄付金控除を受けるべく、確定申告終了いたしましたひばさんです。みなさんこんにちは(*’ω’*)

寄付金控除は、特定の団体や震災で被災した地域など、いろんな団体さんへ寄付した場合、税金が戻ってきたりしますよ(*‘ω‘ *)!

という制度です(ザックリと・・)

ふるさと納税というのもありますけれど、寄付金の場合は政党やらNPO,公益社団法人等、自分がその活動に賛同していたり「ぜひ頑張って欲しい・・!!」というところに寄付をするのだと思います。返戻品というものはありませんが、確定申告をすると若干の税金が戻ってまいります(*’ω’*)

ひばさんも、少額ではありますが・・寄付をして税金の還付を受けております(*’ω’*)

ほんっと少額なのですが、平日の夕飯に焼肉を食べに行くくらいの税金が戻ってまいります。超高級焼肉店とか、大人数で行ってお酒飲んじゃうと払いきれない金額ではありますが・・。

ここで、冒頭の「税金還付の為に寄付をするのは・・」という言に戻るわけですが。

個人的には、当初の動機がどうであれ、

「よし、じゃあ寄付しよう!」

となって、

「どこに寄付しようかな~。」

と寄付先を探す段階においては、おそらく寄付先の活動だったり理念に触れることになるかと思います。そして、少しでも自分が力添えをしたいと感じる所に寄付をするのだと思うので、別に「当初の目的が税金の還付」であっても、全然問題ないと思います(*’ω’*)

さらに・・

還付される税金は「所得税」なので、還付に充てられる財源は国庫の一般歳入とかでしょうか。あんまりここは詳しくありませんが(;^ω^)

国税庁のHPに資料がありましたが、H28年度の予算は、17兆9,750億円の所得税収入を見込んでいたとのことです。

一般歳入として集められたひばさんの所得税は(国の予算に比べれば微々たるものというか、もはや無いも同然のモノだけど・・)、社会保障関連費とか公共事業関係費とか様々なものに使われるわけですね(*’ω’*)。どれも大切な使い道です。

が・・

「もっとこっちに使って!」

という使い道というのもありますよね、きっと。

もっと、保育園の整備に使ってほしい。とか。

そんなとき~・・

その一般歳入から還付を受けて、別なところに再投資しても良いのではなかろうか。

と思う訳です(`・ω・´)。

還付を受けて、保育園にさらに寄付するとか。そんな単純じゃないのですかね(´・ω・`)💦

ひばさんですか?

 

再投資先が焼肉屋でもいいじゃないですか・・

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です