「入浴代」も経費になるの?但し書きだけでなく、背景も見て判断しよう!


みなさんこんにちは、事務屋ひばさんです(`・ω・´)

うちの会社では、出張する際に「旅費の申請書」を出してもらうようにしています(*’ω’*)

1泊につき、2,000円の旅費日当がでるのですが(旅費交通費として処理。給与では無いのです。)、この日当に加えて宿泊費や駐車料金などの必要経費を見積もって、概算額を仮払いいたします。

*旅費日当については、コチラの記事もご参考にどうぞ(*’ω’*)→『旅費日当はホントに非課税?

そして~、帰ってきて不足額が有れば、さらに請求をしてもらったり、余った分を戻してもらったりするわけです。

で、今回ですが・・

「お?」

と思ったものに

「お風呂代」

がございました(*’ω’*)。

 

資金が潤沢では無い当社・・

宿泊を要する出張の場合、女子はビジネスホテルを予約するわけですが、男子は近くに支社事務所がある場合はこの

「支社事務所」

に寝泊りしてもらいます(*’ω’*)!バーン

 

ひばさんはこの「支社事務所」に行ったことは無いのですが・・

寝袋や枕などのグッズの他、お泊りに必要なグッズをそろえ、みんなで涙ぐましい経費の節約をしてくれております( ;∀;)

そんな中、どうしてもどうすることもできないのがお風呂でございます(;^ω^)

まさか、流しで体を洗えとも言えないし・・

一日くらい風呂無しでもよろしかろう、とも言えないし・・

第一、女子はお風呂付のお部屋に泊まってもらっているわけですしね(*’ω’*)!公平性からみてもお風呂代くらいは経費にしましょう!

と思うのです。

今回の様に、「入浴代」「お風呂代」って但し書きだけを見ると「個人的な経費??」ってイメージがありますけど、背景を見ると「これも経費に計上しても良いのでは??」と言うものが結構あります(*’ω’*)。

「こういう支払いって、経費にならないの??」と聞かれて、「ああっ、そういう経費もあったのか~。」と初めて気づくことって沢山あります。

ですので、ぜひ現場スタッフさんには「どうせ、経費じゃ下りないし(>_<)」とあきらめず、積極的に経費の申請をしてみてもらいたいですし、場合に応じて対応ができる柔軟な環境の会社にしたいものですね~(*’ω’*)

関連記事

旅費日当はホントに非課税?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です