健康診断の謎・・「生活習慣病予防健診」と、「法定健康診断」って違うモノ??


みなさんこんにちは、事務屋ひばさんです(`・ω・´)

皆さんの会社では、健康診断していますか??

いや・・していますか?って聞き方はアレか・・ダメか・・。

事業者は、年に一回は従業員に健康診断を受けさせなさいよ~!っていう決まりがあって(労働安全衛生法)、また従業員も拒否せず受けなければならないことになっています。。からね!

ひばさんの勤め先では、東日本大震災以来、健康診断が行われていなかったのですが・・去年より、ついに健康診断が再開されたのです・・(`・ω・´)!

去年は、年末ぎりぎりにやったな~・・

と思いつつ、今年も同じところに頼もうかなぁ~・・

と情報収集をしにネットを見ると・・

なんか・・

え・・

む・・?

健康診断って難しくないですか?

いろんなところでやってるし、いろんな種類があります( ゚Д゚)

えー・・、どこにどう頼めば良いのでしょうか!

会社の義務の法定健康診断

会社にもいろんなチラシが来ます。健康診断に関係のありそうなチラシと言えば、「生活習慣病予防健診」と書かれたものです。これが会社がやらなきゃいけないヤツ・・?

と思って調べてみました。が、どうやらそれは別なものの様。

会社がやらなければならない健康診断は、「労働安全衛生法」に規定された健康診断の事で、一般健康診断と呼ばれています。雇い入れ時や、年に1度の定期健康診断、その他、深夜業などの業種の違いによっては別箇必要になる診断もあります。

これは、お近くの病院やクリニック、健診を専門に行う施設などで受けることができます。

法定健康診断などとも呼ばれますが、診断で受ける項目が法律で決まっています。

具体的には、

1  既往歴及び業務歴の調査

2  自覚症状及び他覚症状の有無の検査

3  身長、体重、視力及び聴力の検査

4  胸部エックス線検査及び喀痰検査

5  血圧の測定

6  貧血検査

7  肝機能検査(GOT、GPT及びγ-GTPの検査)

8  血中脂質検査

9  血糖検査

10 尿検査

11 心電図検査

の11項目を受けなければならない様子です。

問診と、身体測定、あとは血液検査と尿・・

・・むむ?

みなさん、お気づきですか?

健康診断と来たら、みんな嫌がるあの項目・・、あれがありません。

そう、胃部X線がございません!通称バリウム、あれが無いです!

良いの~!?と思って再度読み込んでみるものの、やっぱりありません。バリウム!なんと!

35歳になったら、強制的に飲まねばならないものかと思っていたのですが、実は法定の項目ではなく、飲まなくても法律違反にはならないとのことです!これは目から鱗でしたよ~・・( ;∀;)

 

では、なぜ皆バリウムを飲むのかー・・

ということになりますね。

実は、社会保険に加入していると、協会けんぽというところから、「生活習慣病予防健診のご案内」というものが届きます。

フリーランスや自営業などでは、各市町村の「国民健康保険」というのに入り、病院にかかったりなどすれば、各市町村発行の国民健康保険証をを持って病院に行ったりします。

が、会社勤めになったりしますと、この国民健康保険からは脱退することになり、代わりに「協会けんぽ」や「健康保険組合」のどちらかが運営する「健康保険」に加入することになります。

送られてくるご案内などを見ますと、検査の内容と、対象年齢、自己負担額が書いてあります。

内容はと言えば、診察等、身体計測、血圧測定、尿検査、便潜血、血液検査、心電図、胸部レントゲン・・きた!胃部レントゲン!バリウム!

そして対象年齢は35歳~74歳です!

おぅ・・なんと・・

こっちの「生活習慣病予防健診」は、バリウム込みでございます!

その他は、法定健康診断の内容と同じですね。あ、法定診断には便潜血もありませんでした。

どうやら、「生活習慣病予防検診」は、内容的に「法定健康診断」の項目もすべてクリアしているので、「生活習慣病予防健診」をもって「法定健診」としてもOKですよ!ということの様です。

こちら、もともと18,522円かかる健診が、自己負担(通常ですと、会社が負担しますね。)が最高7,038円で受けることができます。残りの11,484円は協会けんぽで出してくれます。会社負担だけ考えると、こちらの方が負担なく受けられますね(`・ω・´)・・バリウムがあるけど・・

ただ、受診対象年齢がありますね。

こちらは35歳~74歳の従業員が対象です。

なるほど~・・

会社勤めで、35歳からバリウムを飲むという話はココから来てるのですね・・納得(`・ω・´)

35歳未満の若者(?)は、普通に一般健康診断(法定のもの)を受けることになります。

ところで、ひばさんも今年35歳になってしまいましたよ(`・ω・´)

もう「35歳未満の若者(?)」ゾーンには入っていないのか・・。

そう思うと・・ちょっと切ない・・

生活習慣病予防検診だって受けられる・・

そう思うと・・ちょっと嬉しいのか分からん・・

受けられるけど・・バリウムは飲みたくない・・(/ω\)できれば、法定の健康診断だけで勘弁してほしい・・

 

診断を受ける先によっては、オプションが付けられる

診断を受けられるのは、病院などの健診機関になります。

そして、この健診機関によっては各種健診のオプションを付けることができます。乳がん検診や子宮頸がん検診など、一般検診には含まれていないけれど、受けておきたい検診を合わせて受けることができます。が、コチラもそれぞれ受診できる対象年齢があるので、すべて受けることができるわけでは無い様です。

ひばさんのいる岩手県では、いわて健康管理センターやよぼう医学協会の他、病院やクリニックなどで受けられます。これは、全国健康保険協会のホームページなどから確認することができるようですね!

全国健康保険協会/健診実施機関等一覧

 

ちなみに、「健康診断 盛岡」などと検索しますと、近くで健康診断を受け付けている病院も検索できました。

個人で健康診断を受けられる方もいらっしゃるので、今回調べるのは「企業健診」ですよ~と注意しながら検索します。

と、病院によっては、健診の料金の案内から、「○○はオプションで追加可能です。」と出ているところもあります。

相場は7千~10千かな?と思っていますが、中には4千円程度のところもあります。結構病院によって違いますね~(*’ω’*)

 

まとめ

バリウムが嫌なひばさん。

バリウム飲むくらいなら、胃カメラを飲みたいとまで考えているひばさん。

いや、積極的に胃カメラが飲みたいのではないのですが、消去法で・・胃カメラが飲みたい気になって来ただけなのですが・・。

今年はどうしようかなと思っておりましたが、結局のところ、去年と同じところに「一般健康診断」だけ受けようかなと思っております(/ω\)←弱虫

ネットを見ますと、40歳になったら胃がん検診も・・というラインをよく見かけますので、仕方ないので40歳になったら胃カメラにしようかな・・。

いずれ、みんな健康で生きられるように心がけしましょう(`・ω・´)

 

🌺メモ

*全年齢共通(法定健康診断)・・いろんなところで受けられる

*~34歳まで(若年者健診) ・・いろんなところで受けられる

*35歳~74歳(生活習慣病予防健診) ・・協会けんぽでの負担があり。健診機関があるので、確認して申し込む。もちろん、法定健診を受けることも可能。

*40歳から~(特定健康診査) ・・被保険者は、生活習慣病予防検診を受ける。被扶養者は特定健康診査をうけられる。もちろん、法定健診を受けることも可能

 

関連記事『けんぽからは補助が6割もあるらしい。『生活習慣病予防検診』と『法定健康診断』の違い

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です