10年汚れたエアコン、ついに掃除されるの巻。


みなさんこんにちは、事務屋ひばさんです(*’ω’*)

ちょっと前回の更新から間が空いてしまいましたが、今回はついに

「会社事務所のエアコン掃除が現在進行形である。」

という旨をお伝えすべく、更新に至ったわけでございます。

そうですね、会計にも前々関係ないですが、ごめんなさい。

以前、去年の12月の記事『えっ、これも修繕費?修理代以外にも使える科目「修繕費」

にて、ひばさんの勤める会社では10年以上ストーブのお掃除を怠って来た事実をお伝えしたわけなのですが、このストーブ(汚)の他にエアコンもございまして、このエアコンについてもやっぱり今までクリーニングをしたことが無い・・

つまり、汚いエアコンだったわけでございます(´・ω・`)

ということで、昨年12月の告白より約半年を経て、ようやくエアコンのみクリーニングが実行されるに至ったわけです。

 

 

12月といえば、ひばさんの会社も決算月でございました。

ひばさんのお仕事は、総務&経理ですので、会社の売上に直結するようなものはありません。年末とはいえ、駆け込みで総務経理の需要が上がるわけでもありませんが、この時期は決算の数値をまとめ、翌年度の売上見込みだとか、予算だとかの数字をまとめる際、忘れずにしなければいけない「経理の要のお仕事」が待っています。

エアコンクリーニングにしろ、ストーブ掃除にしろ、ただではございません。

この出費の承認を取り付けるお仕事です(`・ω・´)

「どこかが壊れた」の様な、突発的で、早く直さなければならないものは比較的「直しますので!」と言いやすいのですが、

「まぁ、いつでもいい。」

みたいなものは、

「それって、今じゃないとダメ?」

と言われがちなわけで、なかなか承認が下りないことも・・((;´・ω・)お金のない中小企業はこういうところがつらいですね。

という事で、これまでは

「では、そのうち、余裕あるときにでも・・お掃除を・・」

となっていたエアコン&ストーブ掃除も、さらっと予算に入れておく作戦にシフトチェンジしました。

「来年はエアコンやストーブの掃除もやったほういいと思うので、修繕費はちょっと多めに予算を見積もってみました。」

と社長の耳に入れるだけの作戦です(*’ω’*)

「うん。」

と社長が言えば、粛々と実行あるのみです。

時期が近くなってからの申請ですと、「来月、エアコン掃除したいんですけど。」といっても、「え、こないだお金ないって言ってたじゃん。」となってしまいますので、社長承認はある程度「期間の余裕を見て」受けておきます。

そうしますと、

「以前言ってたあれ、来月あたりやろうと思います。」

の一言で行けます(`・ω・´)

もちろん、その辺の「承認の受け方」については会社さんや社長さんによりけりですので、一概には何とも言えませんが・・。

ともあれ、無事本日、エアコンのお掃除が行われております。

さすが、業者さんは専門の道具(よくわからない)を用いて、イロイロ作業をしてございます。

夏に間に合って良かった・・( ;∀;)

みなさん、ひばさんは一足お先に夏気分になってきます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です