決算処理を間違えたことに気づいたら!?修正はできるだけお早めに・・訂正方法など。


先日、「粉飾」とか「脱税」などという不穏なテーマで記事を書きましたが、じっさいのところ、その気はなくとも

「ま、間違ってる・・( ;∀;)!!」

という事はあり得ることです(>_<)

重大な間違いから、ちっちゃい間違いまで、そこは様々かと思いますが・・( ゚Д゚)

見つけた時の絶望感は、半端ないですね!

さてさて、今回はこの「前期決算での間違い」。

ご自分で決算をまとめてらっしゃる方も、会計事務所に任せてらっしゃる方も、どんな方法があるのかちょっとだけ覗いてみましょう~(^^♪

厳禁なのは、前期の決算数値をいじること。

決算も終わって一安心(*‘ω‘ *)ホワー

さ、そろそろ記帳しようかな~っとATMに行ったところ・・

「あっ!あっ!期末に入金あるじゃん!」

とか

「えっ!引き落としかかってる!!」

などという事態が・・。

そんな時、慌てて前期の会計帳簿を出してきて~・・レッツ記帳!

・・などと言うことはしてはいけません(`・ω・´)

前期の決算数値は、すでに締めてしまったものです。いくら、その数字に足りないところや変なところがあっても、決算の数値はいじることができません。

間違っていたとしても、その決算書は税務署に提出され、その数値をもとに税金を計算して、納税までしています。

さらに、その決算数値をもとに作られた申告書は、市町村や振興局にも届け出られています。

手元にある決算書を「ちょちょっ」と直しただけでは、直したことにはならないのですね。

 

それでは、間違いを見つけてしまった時はどうしたら良いのでしょうか。

当期でちゃっかり直しちゃう方法。

いきなり、声を大にしてはお知らせできない内容ですが・・もし、

「税金に影響がない」

「ごくごく小さい数字」

などとモノであれば、期首に訂正の仕訳を入れても良いのではと思うものもあります。

これは、ただ「科目を間違えた。普通預金の補助科目、みずほじゃなくてUFJだった・・。」とか、「期末に受取利息が数円入っていた・・。」とか、本当にどこにも影響がないような場合です。

利益だとか、納税額だとかはほとんど影響はないけれど、処理を入れない事には・・前期~当期の帳簿がうまくつながりません。ですので、期首でちゃっかり訂正仕訳を入れたり、振替の処理を入れたりして調整します。

ただし、自分では「影響ないよね!」と思っていても、利害関係者の中には「聞いてないよ~!!」という場合もあるかもしれません。

一人で判断せずに、税務署や会計事務所に相談することをおススメします。

重大なミスを発見(>_<)追加の納税が出るかも!?

悪気があったわけでは無いのですが、間違ってしまった場合。

利益が少なく計上されていた!!

という場合は、追加で税金を納税しなければ・・ならなくなるかもしれません。

この場合、決算書自体はもう訂正することができませんので、税務署や市役所、地方振興局に提出した「確定申告書」の方を治すことになります。

決算書を正しく計算した場合の利益に、実際かかる税金はいくらになるのか~??という計算を改めて行い、追加で納税額があれば納税をします。

この時の手続きを、「修正申告」といいます。

逆に、ちゃんと計算した結果

「あれ?なんか・・納めすぎたかも??」

という場合もあります。

この場合は、「更正の請求」という手続きを取ります。

更正の場合は、一度納めすぎてしまった税金を、税務署から戻してもらう事ができます。

この様に、決算&確定申告の中で、何かミスをしてしまったとしても、とりあえず・・なんとか訂正していく手段はあります。

では、決算書はどのようにしたらよいのでしょうか?

 

決算書は、今期の決算で修正をする。

確定申告書は訂正した。でも、決算書はそのまま~・・。では、決算書と確定申告書はつながらないものになってしまいます。

基本的に、決算書で出た利益をもとに、確定申告書で所得を計算し、税金を算出していきますので、決算書と確定申告書の数字はどこかでつながっていなければなりません。

ということで、先に確定申告書の数字を訂正しましたので、決算書も修正を入れていきます。

ただし、決算書は、ミスのあった期ではなく、現在進行中の「ミスに気づいた期」で行います。

さらに、そのミスの修正することで

「多額の損失がでる。」

とか

「あり得ない利益がでる。」

もしくは、

「へんてこな粗利率がでる。」

などの、当期の決算書をみると明らかにどこか数字が変になってしまい、もともとの「正しい損益」が分からなくなってしまう場合、

「前期損益修正益(損)」

という科目を使って、損益を計上します。

ただし、大きい会社などでは「前期損益修正」は使えない様になりましたので、

「利益剰余金」

という科目で修正をしていきます。

治せる、とはいえ・・毎年の様に訂正はしない!

間違えることは、仕方がないことです。

ひばさんも、月次の段階ではしょっちゅう間違えたり、忘れたりしては・・修正というか、直し切れていないというか・・そんな按配ではありますけど。

ただ、毎年の様に

「前期の間違いがあった!」

「納税多かった!」

「まだ納めていない税金が出ちゃった!」

という様なことになると、決算書に対する信用度が落ちてしまいます。が、間違ったところに関しては、悶々と「どうしよう~・・どうしよう~・・(;´・ω・)」としているよりも、正しく修正してしまうことは大切なことです。

「来期は間違えないぞ!」

という決心とともに、修正を行いましょう(`・ω・´)

ただし、修正などを行う場合は、延滞税が発生したり、訂正の結果、法人税だけではなく消費税等も訂正が必要になったりと、いろんなところに影響がでる場合もたくさんあります。

なにか修正を行う場合は、ご自分だけで判断はせずに、税務署や会計事務所にご相談することをおススメします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です