えっ、これも修繕費?修理代以外にも使える科目「修繕費」


みなさんこんにちは、事務屋ひばさんです(`・ω・´)

突然ですが、会社事務所のストーブが臭います・・。

今の会社に来て、早2年でしょうか。ストーブはひばさんよりも昔から事務所におりまして、かれこれ10年は頑張っているとか(ウワサ)。

さらに、掃除も10年程度はされていないとか・・(これもウワサ)(;´・ω・)

10年!

臭うわけですよ!

ということで、ストーブ掃除を考えているのですが、時期的に今掃除されると冬が越せません。。だって寒いもの・・(´・ω・`)

暖房器具のお掃除は、暑い時期にやってしまわなければなりませんね(´・ω・`)今思っていても遅いけど・・来年こそは頑張ります!

さてさて、そんなストーブ掃除ですが、何の科目が良いのかといえば、ここは「修繕費」でしょうか!

「え、修繕費って、モノを治すときの修理代だけじゃないの?」

という皆さま。他にも修繕費になるものってあるみたいですよ♪

修繕費は、資産の通常の維持管理や、修理に当てられるもの!

読んで字のごとく。

修繕費とは、事業用資産(建物や付属設備、機械設備、車両運搬具、器具備品など)の修繕や、維持管理の為に支出されるものです。

よく「修繕費」と検索しますと

「資本的支出」などと言う単語も多く出てきます。

が・・

今回はそうではなくて、「資産の維持管理」について見てみたいと思います(*’ω’*)

「資本的支出云々・・」というのも、テーマとしては結構ボリュームがありますので、「資産価値が増えて」とか「耐用年数が増えて」とか「資本的な支出になって」などという部分は今後の記事に回します(*’ω’*)バーン!

資産の維持管理、という事ですが、今回の臭うストーブ掃除などが当たります。

ストーブは、会社の資産で・・

臭っており・・

その維持管理のための掃除代(業者にお頼みします)は、修繕費となります。

同じ考えで、自分では掃除できないエアコンや、機械設備の点検費用なども修繕費でOKですね(‘ω’)ノ

とはいえ、勘定科目は会社によって体系も違いますので、雑費や支払手数料などと言った科目に入っていたとしても、心配することではありません(‘ω’)ノ

前年度と比較した時に、「あれ?去年はこの科目それほど金額大きくなかったのに、今年は沢山でてるなー。」ということにならない様に、毎年同じ科目に揃えることはしておいた方が良いかもしれません(‘ω’)ノ

雪国特有の除雪費用も、修繕費

そういえば、なんですが・・

除雪費用も修繕費になります。

会社の駐車場、ご自分で雪かきをされていますか?1台2台分であれば、なんとか行けるけど・・少人数で広大な駐車場を雪かきする・・

これほど絶望を感じることは、他にそうそうありません(;_;)

業者に除雪を頼んだ場合、駐車場も会社の資産であり、その維持管理となりますから、ここも修繕費という科目が使えます(*’ω’*)

「修繕費」というと、修理!というイメージがありますが、維持管理のための費用である・・と頭に入れておくと便利ですね♪

 

参考 修繕費とならないものの判定/国税庁

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です