ネコのごはんが経費になる場合を考えてみた。


みなさんこんにちは、事務屋ひばさんです(`・ω・´)

先日になりますが、同業者さんから可愛い・・それはもうカワイイネコのカレンダーが送られてきました!!!

ネコの!!

カレンダー!!

 

来年の干支であるトリのカレンダーでもなく・・

業界のカレンダーでもなく・・

ネコ・・!!

このお店のネコさんでしょうか。なんとなくそんな雰囲気がします(*’ω’*)

そこで、このネコたちのごはんが「経費になる」為の方策を勝手に考えてみました(*’ω’*)

出勤してもらう

ネコは気ままな動物ですが(*’ω’*)!

されど、働かざる者食うべからず。

会社からゴハンを貰う以上、会社へ労働力を提供して貰わねばなりません。

そう、ごはんは現物給与という事ですね(*’ω’*)

しっかり出勤してもらって、お店のスタッフであるという意識を持ってもらいましょう♪

 

働いてもらう

人であっても、架空人件費はアウトです。

ネコであっても、働いてもらった対価として支給しましょう。

近年では、駅長をこなすネコさんもいますね。広報、呼び込み、接客等々の、個性を生かしたネコ配置を行いましょう(*’ω’*)

ネコびいきをしない

人であっても、特定の人物にたいしての利益供与は給与扱いとなりますね。

給与でもいいんですけど・・特定のネコにご飯が集中しない様に、ごはんを食べてもらいましょう(*’ω’*)

まとめ

以上、ネコのごはんが経費になる場合を考えてみました(*’ω’*)

もちろん、100%個人宅で生活しているネコさんのごはんは経費になりませんが(;´・ω・)、ペットショップや、動物の展示がある業種などなど、「営業に動物が欠かせない!」という時は、ごはんも経費になる場合もあるかと思います(*’ω’*)!

ネコの手が借りられたら、現物給与してみても良いかもしれませんね~(*’ω’*)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です